セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき3つの理由 – セミナー事務局の運営は講師の役割ではない

セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき3つの理由 - セミナー事務局の運営は講師の役割ではない
自身のスキルや経験、知識を誰かに対して伝えるセミナー講師。
セミナー開催や打ち合わせなどで毎日のように外出する方が多く、お客様対応が後回しになりがちです。

とは言っても、お客様対応なしでセミナー当日を迎えることはできません。

  • 開催日時や場所、注意事項など、お客様が必要とする情報を周知する
  • 支払いが行われているかどうかの管理を行い、支払いが遅れているお客様に連絡する
  • 個別の問い合わせに対して、適切な回答する
  • セミナー当日に発生するトラブルやアクシデントに、適宜対応する

このように、セミナーが始まるその瞬間まで、事務局としてしなければいけない作業は非常にたくさんあります。

ところで、あなたはこれらの事務作業をご自身でこなしているでしょうか?
事務代行としてこれまでに30件以上のセミナー事務局を担当し、さらにセミナー講師として活動する代表から見ると、セミナー講師が自分で事務局運営を行うのは得策でないと言えます。
その理由は様々ですが、主なものを3つ取り上げます。

セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき理由1:お客様対応が迅速で、きめ細かくなる

セミナー講師として仕事をしていると、必ず発生するのが各種事務作業です。
ですが、セミナー事務局の運営に長けているセミナー講師は少ないのが現状です。

毎日のように忙しく活動しているために作業時間が取れなかったり、そもそも事務作業に向いていないのが講師本人によるセミナー事務局運営がうまく回らない主な理由。
そして、セミナー事務局が円滑に稼働していないということは、お客様対応の不備へとつながっていきます。

お客様からのアクションに対する反応が遅いと、売上・成約を逃してしまう

あなたはセミナー事務の作業を、毎日きちんとこなしていますか?
この質問に対する答えが「2日か3日に1回、夜にまとめてやっています」という方は、お客様が不満を感じているかもしれません。

どのような題材のセミナーを開催しているかによって多少の違いはあるものの、セミナーのお申し込みやお問い合わせが多い時間帯は22時以降。
1日の仕事が終わった夜の落ち着くことができるタイミングに、ゆっくりと比較・検討した上で連絡をするというお客様が多いようです。
つまり、夜にご連絡いただいた件に対するあなたからの回答が「翌日の夜」「翌々日の夜」といった24時間以上経過してからやってくるというわけです。

インターネットが当たり前のように使われるようになった昨今は「即対応、即レス」が基本です。
あなたにとっては、数あるメールの中でのたった一通でしょう。
ですが、お客様から見れば「勇気を出して送った、大切なメール」かもしれません。
ひとつひとつのご連絡に対して真摯に対応する姿勢が、セミナー事務局には求められているというわけです。

講師ひとりでセミナー事務局を運営すると、見落としが発生する

セミナー事務局を代行してもらって「迅速・ていねい」を追求するメリットは、他にもあります。
それは、複数の目線から確認が入ることです。

頂いたメールに対する返信作業をあなたひとりで行っていると、どうしても文章の解釈や返信文に独自のクセが現れます。
そのクセが売上・成約につながるなどよい結果になればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。

ここで登場するのがあなた以外の誰かに、事務局を代行してもらうという方法です。
ルーチンワークとして対応できることはセミナー事務局に一任し、判断に迷うお問い合わせを頂いた際は事務局の担当者があなたに指示を仰ぐことで「ダブルチェック」機能が働くようになります。

あなたと事務代行でチームを組んで分業することで、これまでは取りこぼしていた売上・成約を拾うことができる。
その効果は決して目立つものではありませんが、時間が経つにつれてじわじわと効いてくるのです。

セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき理由2:セミナー当日は登壇することに集中できる

事前のお客様対応が無事に終わって、迎えたセミナーの当日。
セミナー講師であるあなたの本来のお仕事である「登壇」が控えているにもかかわらず、セミナー事務局の業務は発生します。

そこで検討するべきなのが、あなた以外の誰かにセミナー事務局を依頼すること。
あなたが自分でしなくてもいい事務作業を任せることで、あなたはセミナーに登壇することに意識を向けることができます。

セミナー開始直前になって、遅刻や欠席・キャンセルの連絡が入る

セミナー当日につきものなのが、開始時間が近くなってからお客様から遅刻や欠席、キャンセルのご連絡をいただくこと。
私も遭遇したことがありますし、あなたにもきっと経験があるでしょう。

開始時間直前に頂くご連絡に対してセミナー講師本人が対応することは、あまり感心しません。
先ほどもお話しした通り、セミナー当日の講師にとって最も重要なのはセミナーに登壇すること。
お客様に対して万全の体制を取って開始時間を迎えるため、会場入りした瞬間からするべきことが山ほどあり、そこにはセミナー事務局の業務は入っていません。

セミナーの開始時間が過ぎてから会場に入室するお客様に対して、誰かが対応しなければいけない

セミナーを開催した時によくあるのが、遅刻してやって来たお客様が自分の席が分からないなど、どうすればいいか分からずに立ち往生することです。
場合によってはその場の空気が乱れるなど、セミナー進行に支障が発生します。

このような急に起きるアクシデントに対応するために必要なのが、セミナー講師以外に会場にスタッフを配置することです。
セミナー事務局を誰かに依頼しているのなら、事務局の担当者が会場で待機しておくことで対応できることはいろいろとあります。
遅刻してきたお客様を速やかに席へ案内する他にも

  • 出欠を取り、所定の席に案内する
  • 支払いがまだのお客様に対して集金業務を行ったり、領収書の発行が必要な方に対応する
  • 進行中のセミナー風景を写真撮影する

このような業務に対応してもらうことが可能です。

また、セミナー講師が事務局運営を自分でしない方がいい理由として、次のようなものもあります。
事務代行を使うとセミナー講師は教えることに集中できます
ぜひ合わせてご覧ください。

セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき理由3:リピーターの獲得が期待できる

セミナー講師は「セミナー」という場を成立させるために、コンテンツの充実はもちろんのことセミナー事務局にも気を配らなくてはなりません。
コンテンツを考えることについては講師ご本人の関与が欠かせませんが、セミナー事務局の運営まで関わる必要はありません。

セミナー事務局に関してはプロの事務代行に依頼することで、

  • 迅速できめ細かいお客様対応
  • セミナー当日に発生する細々とした業務の対応や、急なトラブルやアクシデントもすぐに解決

といった数々の恩恵を受け取ることができますし、結果としてよい印象がお客様に残ります。

「あの講師のセミナーは、とてもよかった」と感じたお客様が、次に取る行動は何だと思いますか?
それは

  • 興味のあるセミナーをリピート受講する
  • おすすめのセミナーとして、身近な人に口コミしたりネット上で発信する

このような行為。
セミナー講師のあなたにとっては、喉から手が出るほど欲しい営業効果であるはずです。

まとめ

セミナー講師が事務代行に事務局を依頼するべき3つの理由 - セミナー事務局の運営は講師の役割ではない
今日のコラムでピックアップした、セミナー講師が事務局をプロの事務代行に依頼するべき理由が明確に出せる理由。
それは代表自身がプロの事務代行であり、かつセミナー講師として登壇もするからです。
それぞれの立場の現状やお困りごと、また「こうすればうまくいくのに」という視点は、セミナー講師とプロのセミナー事務局代行という両方を経験した代表でなければ決して知ることはありません。

セミナー講師の立場から「あったらいいな」を知り尽くし、プロの事務代行としてセミナー講師の期待に応える。
これがアージュスタイルのセミナー事務局代行です。
他社に依頼して物足りなかった方や不満が残った方にこそ、アージュスタイルのセミナー事務局代行をおすすめします。
 

 

セミナー・イベントの事務局運営は、プロにお任せ!

セミナーやイベントの事務にお困りのあなたへ

当社の事務代行で最もご依頼が多いのが、セミナーを行う企業のセミナー運営事務局の代行。
アージュスタイルの代表・山田が事務代行を手掛けるきっかけになったのはフリーランスとしてセミナー事務局を運営した経験があるからであり、セミナーやイベントの事務局運営代行は当社ならではの専門ジャンルです。

申し込みの受付から会場の手配、当日の受付スタッフ代行まで、確かな経験と豊富なスタッフで御社のご担当者様を事務局運営の雑務から解放します。
大切な御社の事務作業を、当社では複数スタッフにてサポートします!

代表・山田亜希子はこんな人。
料金表はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です