事務代行・秘書代行を依頼するべき3つのパターン – 依頼するまでの基準はあなたが思うよりも低い

事務代行・秘書代行を依頼するべき3つのパターン - 依頼するまでの基準はあなたが思うよりも低い
これまでに弊社は30件ほどの事務代行、セミナー事務局代行、秘書代行を請け負ってきました。
様々な事情を抱えて弊社にお問い合わせいただくのですが、その際に代表が思うのが「もっと早くご依頼いただければ、こんな苦労をせずに済んだはず」ということ。

事業を進める上で問題点が発生した際は、早めに対策を考えて手を打つことが基本です。
とはいえ、日々の業務に追われて落ち着いて物事を考える時間を取るのが難しいのが、個人事業主やひとり社長の抱える共通の悩み。

そこで、今回は「こんな方は事務代行・秘書代行のご利用を検討するべし」を、これまでに代表が経験してきた事例の中から特に多い3つのパターンに絞ってお話しします。
何となく毎日が忙しいがどうしたらいいか分からない方は、目の前にある忙しさから解放されて今後の事業を拡大するためのヒントとしてください。

事務代行・秘書代行を依頼するパターン1:1日の予定が、その日のうちに終わらない

「今日もまた、1日が終わってしまった」
するべき業務がどんどんと増えていき、気が付いたらもう夜。
ひとり、または少人数で事業を行い、仕事の山を抱えている方によく見られる現象です。

人をひとり雇用するほどの業務量はないが、既存の人員では手が回らない。
このような状態になっていることに気づいたら、まずは事業そのものとは関わりの薄い業務から事務代行・秘書代行の利用をご検討ください。

事務代行・秘書代行に依頼できる業務:弊社の場合

これまでに弊社にご依頼いただいた業務の例は

  • 日々のルーチンワークとなっている顧客リストの更新やメンテナンス
  • 返答パターンが決まっている問い合わせに対するメール返信
  • こまめな更新が必要なホームページ上の最新情報の案内
  • 密なコミュニケーションがお客様を呼ぶ各種SNSの運用(フェイスブック、Twitter、Instagramなど)

以上の他にも、まだまだ対応可能なことはあります。
詳しい内容は、こちらをご覧ください。
社内事務代行・秘書代行・オンライン秘書 – アージュスタイル

毎日の事務作業にかけている時間が

  • 1日で20分以上
  • 1週間で2時間以上
  • 1ヶ月で5時間以上

以上が、事務代行や秘書代行を依頼する基準です。
あなたが思うよりもずっとハードルが低いはずですが、日々の事務作業がほんの少しでも発生するのとまったくないのでは仕事を取り巻く環境が一変するとお考えください。

「事務作業」という気がかりを一刻も早く解消することが、地味ですが事業拡大に向けての着実な一歩。
「これ、やってもらえるかな?」という業務がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

事務代行・秘書代行を依頼するパターン2:年中無休で、仕事のことを考えている

個人事業として仕事をスタートした方によく見られるのが、こちらのパターン。
代表自身も個人事業として事務代行を始め、やはりこの傾向があるので気を付けています。

朝、起きた瞬間から、夜に眠りにつくまでのすべての時間において、これから手掛けたい新規事業のことで頭がいっぱいではないでしょうか?
ですが、あなたに与えられた時間は1日24時間しかありません。

「この貴重な時間を、新しい事業を立ち上げるためにより多く使いたい」
「だが、今、目の前にある業務もしなければいけない」

このような時にあなたのお役に立てるのが事務代行や秘書代行です。

事務代行・秘書代行として弊社が提供するサービス:現状整理とヒアリング

あなたが置かれた現在の状況と問題点をヒアリングにて整理することで、

  • ストップしても問題がない
  • 効率アップや簡略化が可能
  • 事務代行・秘書代行によって代行可能

このような業務を洗い出します。

誰が行っても構わない業務を事務代行や秘書代行を適切に活用して手放すことで、あなたにだけできるコア業務に時間を集中して使うことでき、その結果、確実に業績がアップします。

事務代行・秘書代行を依頼するパターン3:事務処理能力が著しく低い

代表が最もよく見たパターンが、実はこちらです。
ひとりや少人数で事業を行っていると、比較対象が少ないためにメンバー全員が事務処理能力が低いことに気づいていないという例は、数え上げたらきりがありません。

社長やスタッフが事務作業に苦手意識を持つ場合こそ、事務代行・秘書代行の出番

スタッフ全員が不向きであるにも関わらず、誰かが担当しないと事業が回らない事務作業は非常にたくさんあります。
事業を行うのに必要な事務作業のうち、「誰がしているのか?」という要素が重要ではない業務や雑務は事務代行・秘書代行に依頼するのが得策です。

事務作業が早く終わることで業務が回るスピードも速くなり、事業展開もこれまでとはまったく違った内容やスケールになった例を数多く見てきました。
具体例はこちらをご覧ください。
事務代行会社に事務作業を依頼する具体例 – 個人事業主やひとり社長の場合

向いていないことに時間を費やすほど無駄なことはありません。
「もしかしたら、私は事務作業が苦手かも?」
そう思った方は、今すぐお問い合わせを!

まとめ

事務代行・秘書代行を依頼するべき3つのパターン - 依頼するまでの基準はあなたが思うよりも低い
以上の条件をクリアしてあなたが楽になるためには、フリーランスの事務代行やクラウドソーシングではなくしっかりとした土台と実績のある事務代行会社を選ぶのがマストです。
ひとりきりで仕事をしているために必然的に経験の少ないフリーランスでは、あなたにとって実効性がある提案を出すのは不可能です。
また、クラウドソーシングを利用すると「仲介業者へのマージン」という余計な費用が発生します。

また「大手の事務代行会社を検討すればいいのか?」というと、必ずしもそうではありません。
提供される事務サービスの品質面ではよい選択なのですが、大手であるがゆえに予算が合わなかったり親身になって相談に乗ってくれないなど、別の問題が出てきます。

事務代行業者の比較
   アージュスタイル 大手事務代行会社 フリーランス事務代行
料金
経験・実績

これらすべての問題点をまとめて解決するのが、アージュスタイルの事務代行。
弊社所定の事務作業遂行の教育カリキュラムを経て能力に問題がない者のみを厳選し少数精鋭で行うことで、大手事務代行会社と同じ品質を保ちながらリーズナブルな価格を実現しました。

「事務代行・秘書代行に興味はあるが、どこを選べばいいか分からない」
「問い合わせると、必ず事務代行を発注しなければいけないのではないか?」

このような心配は一切不要です。
初回のヒアリングは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
あなたの抱える事務作業が減ることでより楽に業務が進んで事業が大きくなることが、弊社のミッションであり願いです。
 

 

忙しい経営者・個人事業主の皆さまを、「事務」でサポート!

経営者・個人事業主の皆さまへ

「あとひとり、事務スタッフがいたら」
そう感じたことはないでしょうか?
ですが、ひとり雇用することを考えると様々な負担が発生するので、どうしても踏み切ることができない。

そんな経営者・個人事業主の皆さまの「困った!」を解決するのが、アージュスタイルの事務代行です。
各種事務作業の代行、秘書代行
セミナーやイベント事務局の運営代行
各種SNSの運用(運営)代行
といった、あなたの「これ、手伝ってほしい」の声にお応えします。
大切なあなたの事務作業を、複数スタッフにてサポートします!

代表・山田亜希子はこんな人。
料金表はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です