メールの返信を楽にする、メールフォームと自動返信機能

メールの返信を楽にする、メールフォームと自動返信機能
インターネットが当たり前のように使われるようになった今の時代、自社のホームページを所有するのは当たり前のこととなっています。
そして、お客様と直接会うことなく受注からお渡しまで終わってしまうというケースが、ネット通販を中心に圧倒的に増えました。
そういった時代の流れの中で、重要な位置を占めるのが「メール」というツールです。

ところで、メールをより効率的に、ミスなく使うための方策をあなたは取っているでしょうか?

メールフォームを利用しているのに、目視で確認して一通ずつ返す必要はあるのか?

そもそも、代表が秘書代行や事務代行を始めるきっかけになったのは、とある会社のセミナー事務局担当スタッフになったことです。
セミナー事務局担当スタッフとは言うもののその会社に就職したのではなくて、セミナー事務に関する業務を外注先である代表に委託するという形。
引き継ぎ前からメールフォームが活用されており、申し込むお客様からすれば何のストレスもない状態でした。

ですが、業務がスタートするというタイミングで見たのは、大量にあるメールのテンプレート。
日々、メールフォームを通じて受講の申し込みが入ってくるので、その中から

  • 適切な内容のテンプレートを選び
  • 申し込んだ方に対して一通ずつ手作業でセミナーの詳細についてメールを送付する

このような手順で仕事は進められていました。
これを見た代表が感じたことは

「この方法は効率が悪いしミスは避けられない。同じ文面を送信するだけなら自動化できるはず」

というものでした。

便利な自動返信機能を活用する

amazonや大手ショッピングサイトで買い物をした際に、購入した商品についてのメールがすぐに送られてきたという経験は、きっとどなたも持っているかと思います。
このような自動返信のシステムは、大企業にしか導入できないものでは決してありません。
簡易なものだと、年間5,000円もあればメールフォーム付きの自動返信システムを使うことができます。
(無料のメールフォームもありますが、信頼性に欠けるのでお勧めしません。)

自動返信を取り入れることで、

  • 即時で返信ができる
  • 正しい文面でのメール送信が可能

これらのメリットを手に入れることができます。

また、先日お話ししたメール返信の時間が取れないひとり社長や個人事業主のケースにも、自動返信システムは威力を発揮します。
どのようなメールであっても、まずは最初の一報として

  • メールを受け取ったこと
  • 受け取ったメールに対する返信は、後からになること

このふたつを書いた文面を自動返信として送ることで、「すぐ見ないと」「早く返信しないと」と、焦らなくてもよくなります。

「自動返信だから融通が利かなくて使えない」ではなく、「同じ文面のメールを素早く、確実に送ることができる」
こういった視点で自動返信を見直すと、「かなり使える」という感があるのではないでしょうか。

問い合わせのハードルを下げ、欲しい情報を確実に入手するためのメールフォーム

また、自動返信機能付きメールフォームを利用すると、すぐに返信メールが送られる他にあと2つのメリットがあります。
それは、

  • 問い合わせに至るまでの障害が低くなる
  • 欲しい情報を確実に手に入れられる

という点です。

興味があっても問い合わせをしない、驚くべき理由

誰かに問い合わせのメールを送る場面を想像してください。
もしも最初から文面を作成しなければならないとしたら、余程の必要を感じない限り文字を入力する手が止まるのではないでしょうか?
特にスマートフォンからの場合、長文を入力するのは一苦労です。
そして、人間は面倒なことは嫌いなので、どうしたらいいかを自分で考えなければいけないシーンでは「回れ右」という選択をしてしまいがちなのは、あなたにもお心当たりがあるでしょう。

商品に興味を持った方に対して「こうすればいい」を明確に示すことで「問い合わせる」という行動を起こすまでのハードルは確実に下がります。
メールフォームを設置しておくだけで、お問い合わせが増える。
設置の手間さえかければ、あとはそのまま置いておくだけでOKです。

欲しい情報を明示しないことで、このようなトラブルが発生します

セミナー事務局代行を数多く手がけてきた中で代表が見聞きした、メールフォームを使わないことによる「困った」はたくさんあります。
その中でも代表的なものが、名前、住所、電話番号といった、基本的な情報が書かれていない申し込みメールをいただくことです。
「そんなバカな」と思われるかもしれませんが、実際に起きていたことです。

この問題もメールフォームを利用することで、簡単に解決することができます。
解決法は、あなたが必要とする情報を項目として設置するだけです。

一例を挙げると、当社の場合はこのようなメールフォームを利用しています。
それほど細かい情報は必要としていませんが、お問い合わせいただいた方の基本的なニーズはあらかじめ把握しておきたい。
なので、「依頼を検討中の業務」という項目を設けています。
「依頼したい内容を先に知ることで、的確な返答ができる」という仕組みです。

まとめ

メールの返信を楽にする、メールフォームと自動返信機能
今日ご紹介した自動返信とメールフォームの導入は、それほど難しくありません。
Web検索をして見つけたメールフォームを利用するだけで、十分に役割を果たしてくれます。

ですが

  • 調べる時間がない
  • パソコンは苦手だから、誰か代わりに作業してほしい
  • どのような項目を設定したらいいかが分からない
  • 作成したメールフォームの運用を任せたい

このようなご希望がありましたら、ぜひとも当社にご連絡を。
あなたのご希望に応じたメールフォームの選定から設置、運用まで一手にお引き受けいたします。

「社長の時間は、社長ではないとできない業務に使う」
これを実現するのがアージュスタイルの秘書代行・事務代行です。
 

 

忙しい経営者・個人事業主の皆さまを、「事務」でサポート!

経営者・個人事業主の皆さまへ

「あとひとり、事務スタッフがいたら」
そう感じたことはないでしょうか?
ですが、ひとり雇用することを考えると様々な負担が発生するので、どうしても踏み切ることができない。

そんな経営者・個人事業主の皆さまの「困った!」を解決するのが、アージュスタイルの事務代行です。
各種事務作業の代行、秘書代行
セミナーやイベント事務局の運営代行
ワードプレス・ブログ・SNS運用(運営)代行
といった、あなたの「これ、手伝ってほしい」の声にお応えします。
大切なあなたの事務作業を、複数スタッフにてサポートします!

代表・山田亜希子はこんな人。
料金表はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です