メールだけで場所を分かりやすく案内するコツ

メールだけで場所を分かりやすく案内するコツ
ビジネスでメールを書く時、相手の方にお越しいただくために

  • 待ち合わせする場所
  • 商談場所
  • 自社の所在地
  • セミナーの開催場所

このように「場所はここです」を伝える必要性はよくあります。
場所を表す情報としては

  • 場所に付けられた名称(公共の施設や駅、ランドマークやビル名など)
  • 目的地に至るまでの地図
  • 住所

以上が一般的に利用されているのですが、どの情報があればあなたは確実に目的地にたどり着けるでしょう?

移動するために必要な情報は、人によってまったく違う

「あなたは地図を読むことができますか?」
この質問に対する、あなたの答えはどのようになりますか?

  • はい、目的地にちゃんと行けます
  • 分かりやすい地図であれば大丈夫ですが、大まかな情報だけだと難しいです
  • いいえ、地図を読むことが苦手なので、地図だけでは迷子になります

このようにバラバラであるのは、たぶんお分かりかと思います。

ちなみに、代表の答えは3番目のもの。
地図から情報を読み取ることが非常に苦手で、これだけでは目的地がどこなのかはもちろん、現在の自分がどこにいるのかさえ分かりません。
このような人間にとって、地図情報などまったく役に立ちません。

にもかかわらず、地図から情報を読み取れる方の中には「地図くらい、誰でも理解することができる」と、代表のように地図が使えない人にとっては不親切な案内になっているケースがよく見られます。
では、何に関する情報を、どのように記載すれば、誰にとっても情報として利用できる書き方になるのでしょう?

誰でも確実に目的地に行くことができる、情報の書き方

メールを利用したセミナー事務の代行を長く手がけてきた代表には、不特定多数の方に対して「メールで場所をご案内する」という機会がよくありました。
その際の経験から、「このようにすれば、メールで確実に場所を案内できる」というポイントは3つあることが分かっています。
ここでは、「東京ドーム」を例に挙げて説明します。

名称はすべて併記する

場所に何らかの名称がある場合は、正式名称を必ず記載します。
「東京ドーム」と聞いて、あなたは何を連想したでしょうか?
大半の方は野球場を思い浮かべますが、野球場に併設されているホテルや遊園地など、他の施設を思いつく方もいらっしゃいます。
なので、「東京ドーム」と並行して「東京ドームとは野球場を指しているのだ」という説明をさらに書き加えます。
メールを読む方が誤解することのないよう、細かく説明を入れるのがポイントです。

地図情報を記載する際に見るべきポイント

地図を読むことができる方にとっては、分かりやすい地図情報やアクセスマップがメールの文中に書かれていることが何よりも大切です。
東京ドームの公式サイトにあるアクセスマップを見てみましょう。

リストの上から下に行くに従って、より詳細な情報となっています。
どこについての情報を伝えたいのかによって採用する地図情報を変えるのが、分かりやすい案内になるかどうかのポイントです。

そして、公式サイトの地図情報が分かりにくいという場合が、残念なことによくあります。
あなたの目から見て「これではたどり着けない」と判断した際はGoogleマップの地図URLを利用するなど、正式に公開されている情報にこだわらないことも見逃せないポイントです。

住所もしっかり記載する

正式名称や地図情報があれば目的地に移動することができる可能性はグンと上がりますが、住所もきちんと記載しましょう。
住所情報が必要とされるシーンとして

  • スマートフォンの地図アプリを使う
  • マイカーやタクシーでカーナビを利用する

これらがあげられます。
特に地図アプリを活用する方がスマートフォンの普及に伴って急上昇しているので、住所情報の重要性は数年前より増していると言えます。

まとめ

メールだけで場所を分かりやすく案内するコツ
今回お伝えした、場所の情報を誰にでも分かりやすく伝える方法のひとつひとつは、どれも難しくはありません。
とは言え、ほんの少しの気配りだけでグッと伝わりやすく、後から問い合わせが来ない書き方ばかりです。
すぐに採用することができるテクニックに絞ってご紹介したので、ぜひ取り入れてみてください。

メールの文面だけで目的地が読み手に伝わる高度な秘訣は、他にもたくさんあります。
「場所が分からない」という問い合わせが多くて困っている方は、ぜひ当社にご一報を!
確実に相手が分かる場所情報を、あなたに代わって先方にお伝えします。
 

 

セミナー・イベントの事務局運営は、プロにお任せ!

セミナーやイベントの事務にお困りのあなたへ

弊社の事務代行で最もご依頼が多いのが、セミナーを行う企業のセミナー運営事務局の代行。
アージュスタイルの代表・山田が事務代行を手掛けるきっかけになったのはフリーランスとしてセミナー事務局を運営した経験があるからであり、セミナーやイベントの事務局運営代行は弊社ならではの専門ジャンルです。
大切なあなたの事務作業を、複数スタッフにてサポートします!

申し込みの受付から会場の手配、当日の受付スタッフ代行まで、これまでに数百件のセミナー事務局の運営を代行した確かな経験と豊富なスタッフで、セミナー事務局運営の雑務から確実にあなたを解放します。
セミナー事務局・イベント事務局運営の詳細はこちら。

代表・山田亜希子はこんな人。
料金表はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です